五反田・大崎(品川区)に引っ越してきたら、まずすること転入届、ライフラインについて

五反田や大崎に暮らしたいと思うファミリーが増えてきています。
それは東京23区内でも品川区は子育てに力を入れており非常に子育てがしやすい環境が揃っており教育にも尽力している影響で、ここ数年の子供の数が急増しているということです。

ここの記事を見ている方の多くも、もしかしたら子育てしやすい環境と知って品川区に引っ越しこられた方たちではないでしょうか。
実際に引越しをされてたとき一番初めにすることといえば何でしょう。
そう転入届です。転入届の手続きはなるべく早くすませてしまいたいところです。
しかし実際は普段あまりすることではないので、ここでご紹介したいと思います。
また引っ越したとき、併せて重要なものといえばライフラインの手続きなども併せてご紹介していきたいと思っております。

転入届の手続きはしなくてはいけない?

引越ししたら転入届は出さなくてもいいんじゃない?自分やってないよなんて人がたまにいらっしゃいますが、結論から言いますと、引っ越した先へ住民票を移動させる役所手続きについては国民の義務ですので、しっかりと行うようにしましょう。

実は、怠ってしまうと罰則を受けてしまう可能性もあります。金額で言うと5万円以下の罰則になりますので気をつけてください。

転入届の届出方法と期間

国民の義務といわれる転入届の手続きですが、それではどこでやればいいのでしょうか。それは品川区ですと下記のとおりです。基本的には平日受付が一般的ですが、中には日曜開庁してくれるところや火曜日は窓口を19時まで延長してくれるところがありますので、できるだけ早く届けを出すようにいたしましょう。

受付場所 住所 連絡先 平日受付 休日や夜間の受付
区役所本庁舎3階戸籍住民課住民異動係 広町2-1-36 03-3777-1111(代表)

03-5742-6660(直通)

月~金曜日
8:30~17:00
品川第一地域センター 北品川3-11-16 03-3450-2000 月~金曜日
8:30~17:00
×
大崎第一地域センター 西五反田3-6-3 03-3491-2000 月~金曜日
8:30~17:00
×
大井第一地域センター 南大井1-12-6 03-3450-2000 月~金曜日
8:30~17:00
×
荏原第一地域センター 小山3-22-3 03-3786-2000 月~金曜日
8:30~17:00
×
荏原第四地域センター 中延5-3-12 03-3784-2000 月~金曜日
8:30~17:00
×
八潮地域センター 八潮5-10-27 03-3799-2000 月~金曜日
8:30~17:00
×

転入の提出期間

実際に転入届の提出する期間に定めはあるのでしょうか。
実はしっかりと法律で決まっていて、引越しをしてから2週間以内とされています。

それを超えると過料が課されるという罰則もあります。
これについては、実際に期間を過ぎてしまった場合に本当にあるのか、ということがしばしば言われていて、「数日遅れたけど過料はなかった」「実際にあった」など様々な意見が見られるのですが。

法律として定まっており国民の義務ですので、しっかりと期間内に提出することを心がけていれば、過料について心配することはありませんね。もしどうしても届けるのが遅れてしまいそうであれば、事前に伝えておけばもしかしたら、特別措置があるかもしれませんので、しっかり確認してみるのもよいと思います。

住民基本台帳法

法律として定まっていると記述してきましたが、実際にはどんな法律なのかというのを、ここでご紹介いたします。

住民基本台帳法

第二二条 転入(新たに市町村の区域内に住所を定めることをいい、出生による場合を除く。以下この条及び第三十条の四十六において同じ。)をした者は、転入をした日から十四日以内に、次に掲げる事項(いずれの市町村においても住民基本台帳に記録されたことがない者にあつては、第一号から第五号まで及び第七号に掲げる事項)を市町村長に届け出なければならない。

一 氏名
二 住所
三 転入をした年月日
四 従前の住所
五 世帯主についてはその旨、世帯主でない者については世帯主の氏名及び世帯主との続柄
六 転入前の住民票コード(転入をした者につき直近に住民票の記載をした市町村長が、当該住民票に直近に記載した住民票コードをいう。)
七 国外から転入をした者その他政令で定める者については、前各号に掲げる事項のほか政令で定める事項

第五二条
2 正当な理由がなくて第二十二条から第二十四条まで、第二十五条又は第三十条の四十六から第三十条の四十八までの規定による届出をしない者は、五万円以下の過料に処する。

転入届けに必要なもの

転入届に必要なものは身分証明書など、いろいろ書類が必要になります。

転出証明書(もしくはマイナンバーカード)

転居をするときに、転出届を届けた際に前住所の市区町村から発行されるものです。
ただし、マイナンバーカードや住民基本台帳カードを持っていると、この証明は発行されないケースがありますので、その場合はカードを提出します。
また、逆のケースでカードを持っていても証明書がでることがありますので、その場合は両方とも持参するのがよいでしょう。

マイナンバーカード(家族全員分)

転入先の市区町村に家族全員分のカードに新しい情報を記載してもらう必要があるのでもって行きましょう。

印鑑

基本的にどんな印鑑でも平気です。ですがシャチハタなどは避けたほうがよいと思います。

(委任状)

引っ越して転入届を出すべき人以外がいく場合は、必要になります。

ガス・水道・電気、ライフラインの届け連絡先について

引っ越してきてからの転入届も重要ですが、提出して実際に暮らし始めるのに重要なことといえばガス・水道・電気などのライフラインになります。

これらは、最近は引越れんらく帳を利用するとスムーズにできます。基本的な連絡先は下記の通りです。参考にしていただければと思います。

名前 TEL 受付時間
電気 東京電力エナジーパートナー(株)
東京カスタマーセンター(第二)
0120-995-001 月曜日~土曜日(休祝日を除く) 9:00~17:00
水道 東京都水道局 お客さまセンター 03-5326-1100 8:30~20:00 (日曜日・祝日を除く)
ガス 東京ガス(株) お客さまセンター 0570-00-2211 (ナビダイヤル)03-3344-9100(IP電話等) 月曜日~土曜日 9:00~19:00
日曜日・祝日 9:00~17:00

品川区に暮らすってどう?

実際に品川区に暮らし始めると様々なことがわかってきます。でもあらかじめ少し情報を頭に入れておけば、助かることも多いと思います。最後に実際に品川区に住んでいた人たちに生活のしやすさについての本音を集めてみました。参考にしていただければ幸いです。

ななよさん 40代の声
品川区で住みやすいと感じた事
沿線数が多く、アクセスの面ですごく住みやすいと思っていました。また、大ターミナル駅が近いこともポイントです。他県に行く際も便利です。
オフィス街ということもあり、レストランや居酒屋など飲食店が充実していました。ランチが美味しいレストランがたくさんあることもこのエリアの魅力と言えるでしょう。食のジャンルも豊富だったので、飽きることもありません。友人と食事をするのがいつも楽しみでした。
大規模な商業施設もありました。ファッションや雑貨など大人気のブランドが集い、お買い物で不自由と感じることもありませんでした。
品川区で住みにくいと感じた事
便利で充実していたのですが、ここがちょっとなと思ったことが2つほどありました。まず1つが、平日の朝駅ナカと周辺が混雑していたことです。土日はそれほどでもないのですが、オフィス街だったので平日の朝は人がごった返しています。ごちゃごちゃしている場所が苦手だったので、毎日たいへんだと思っていました。
賃貸料が高めだったこともデメリットです。通勤は便利だけど賃貸料が高かったために、毎月余裕がありませんでした。駅から少し離れた所はちょっとお手ごろになるようですが、それでもほかに比べると高いのではないでしょうか。
バイク好きお父さんさん 40代の声
品川区で住みやすいと感じた事
とにかく、どこに行くにも便利。日常生活の中で通勤、買い物、医療、子供の教育、レジャーなどあらゆる面で不満を感じた事がありません。以前は神奈川県の郊外に住んでいました。当時はそれなりに便利だなと思っていましたが、品川区の五反田に移り住んでからは、もう東京の郊外には住めなくなりました。五反田は一流の物がすぐそこにあるという生活が出来ます。美味しいお店は近所に当たり前のようにあります。神奈川に住んでいた時は美味しいお店は雑誌などで調べて行っていました。けれども五反田に住むようになってからは雑誌に載るようなお店はすぐ自宅の近くにあり、自分がこのお店は美味しいなと思っていると、後からメディアで紹介をされるようになります。それこそ日常生活の中で世間の人が探しているような最先端の流行り物が誰よりも先に手に届く範囲にあるのです。五反田だと日常品の買い物は逆に不便じゃないかと思っていましたが、全然そんな事はありません。車で少し走れば築地にも近いですし、新鮮で一流の食材が簡単に手に入る所にも住みやすさを感じます。品川の五反田に住むと他の地域には住めないと思うほどです。
品川区で住みにくいと感じた事
それほど深刻には思いませんが、物価が高い事が住みにくさを感じる唯一のマイナスポイントです。車で外出をした時にコインパーキングなどに駐車するとすぐに2千円、3千円とお金がかかってしまいます。電車やバスで通えば良いのですが、割と五反田は坂道が多く買い物などをすると重い荷物を持って歩かなくてはなりません。そんな事もあり買い物やちょっとした移動でも車を使いますが、とにかく駐車場などの料金が高いのが住みにくさを感じさせます。
また、ご近所づきあいが難しい点に住みにくさを感じてしまったりします。土地柄、それなりの地位や資産のある人が近所では多いのですが、住んでいる所の自治会などの集まりではどことなく、お互いに見栄の張り合いなどがあったりします。そういったご近所づきあいが苦手な部分が私にはありますので、余計に住みにくさを心のどこかで感じてしまったりします。
マドモアゼルさん 40代の声
品川区で住みやすいと感じた事
実家が大阪のため新幹線へのアクセスの良さが何よりのポイントでした。東京駅までわずか7分なんて便利すぎます!都内のどこへ出るのもアクセスがよく短時間で住み、東京生活を満喫できます。横浜方面へも近いし、羽田もあっという間。場所を選べば家賃が高すぎるわけでもなく、(私は西大井駅周辺に住んでいます)商店街もあるので下町の雰囲気もあります。これからも住み続けたい23区の一つです。ファミリーでもシングルでもウェルカムな雰囲気も気に入ってます。水族館の「アクアパーク品川」にしょっちゅう子供と一緒に出かけています。
品川区で住みにくいと感じた事
住んで見ればわかるのですがエリアによって、治安ががらっと変わるところでしょうか。人通り、車通りがないところもわりとありますし、逆に交通量が多く道幅が狭くて、子連れだと危ない箇所がわりとあるような気がします。それからやはり家賃でしょうか。長く住み続けるならやはり安い物件は探しておきたいですね。五反田周辺はピンク街の独特な雰囲気もあるし微妙かもしれません。まあ近づかなければいいのですが。シングル男性の友人は五反田に10年以上住んでいるので、人によっては魅力的なエリアだと思います。大きな庶民的なスーパーがあまりないです。
Keiさん 20代の声
品川区で住みやすいと感じた事
・非常にアクセスが良い
東京の中心の駅なのでどこへでも簡単に行けるのが大変便利でした。多くの路線が通っており、中心の駅であるため終電も気にすることなく遊べます。
・買い物に便利
品川駅周辺などでも買い物でき、また渋谷や新宿へのアクセスも良いため買い物に困ることはなかったです。
出掛ける時に困らないで済むのはかなり良かったです。
・通勤・通学時間の短縮になる
周辺駅は大きな駅が多く、会社や学校が集まっているので朝の貴重な時間を有意義に使えます。アクセスが良いため多少距離があっても思いの外早く着くので良かったです。
品川区で住みにくいと感じた事
・値段が高い
家賃が高く手を出しにくいと思います。探せば安い賃貸もあるとは思いますが、物価も少し高めな感じがして気が引けることが多いです。
・街の雰囲気が独特
オフィス街や高級住宅街などが近いため雰囲気が変わっていると感じました。サラリーマンで溢れるところや主婦でいっぱいなところ等が多く、個人的には苦手でした。
・人が多い
とにかく人が多いです。特に電車は異常なほど混雑していて乗るのがいやになるほどでした。電車が少し遅れただけで改札も通れないような状態になることが何度かありました。人混みが苦手な方は買い物なども苦痛かもしれません。
えいみーさん 20代の声
品川区で住みやすいと感じた事
五反田に住んでいましたが、JR山手線沿線なので交通アクセスはとても良いです。買い物は、JRで有楽町や渋谷に出てもいいですし、五反田駅の駅ビルにスーパーや洋服店が多くあるので不自由しません。五反田TOCには面白い雑貨屋さんがあります。よく催事や洋服のセールがあるので利用しています。五反田は芸能人もよく来る焼き肉店や、居酒屋など美味しいお店が沢山あります。池上線ですぐの戸越銀座商店街も美味しいお店があって楽しいですり春は目黒川沿いの桜がとても綺麗で、目黒まで散歩したりお花見するのが楽しみです。お洒落なカフェなども意外と多いです。
品川区で住みにくいと感じた事
五反田は企業が多く、ビルが多いので、あまり自然がないのが殺伐とした感じでした。排気ガスも多く、あまり綺麗ではないです。企業に勤める男性が多いせいなのか、男性向けのキャバクラやクラブが普通に街中にあります。駅のすぐ近くには風俗店街があります。その地域の近くは昼でも何となく通りにくいです。というわけで、キャッチや呼び込みも多く、何となくガラが悪い感じがします。子どもの情操教育には良くないです。北品川や大崎に行くと高級そうなマンションが増え治安が良い雰囲気になりますが、五反田は治安が良いという感じがあまりしません。車の行き交いが激しいです。