ザ・パークタワー東京サウス

物件名 ザ・パークタワー東京サウス
家賃 200,000円~400,000円 管理費 0
敷金 / 礼金 2ヶ月 / 1ヶ月 保証金 なし
間取り 1LDK、2LDK、3LDK 広さ 50.29㎡~108.52㎡
交通 JR山手線「大崎駅」徒歩3分 
JR山手線「五反田駅」徒歩6分 
所在地 東京都品川区東五反田2-16-1
築年数 平成13年6月 主要採光面 東・南
設備
  • オートロック
  • エアコン
  • バイク置き場
  • ディンプルキー
  • 独立洗面台
  • エレベーター
  • システムキッチン
  • モニター付インターホン
  • 追炊き機能付バス
  • 温水洗浄便座
  • 防犯カメラ
  • 室内洗濯機置き場
  • 宅配ボックス
  • インターネット対応
その他設備

突然ですが、お仕事をされている皆さんは同業他社に対してどのような感情を持たれますでしょうか?

 

例えば衣料品を扱っているユニクロの社員の方が、『しまむら』や『UNITED ARROWS』に買い物に行かれていたら

皆さんはどのように思われますか?

 

もしくは、セブンイレブンのフランチャイズオーナーが、『ローソン』に買い物に行かれていたら不自然でしょうか?

 

業態によって、または受け止められる方の見解によっては賛否両論あるのかもしれません。

 

極論として、誰がどんなものを何処に買いに行こうが、それは個人の自由なのだと私は思います。

また、同業他社でもファンになったり、一目置く存在と言うのは、大多数の方が経験された事があるのではないでしょうか。

 

 

 

今回、不動産会社である当社(ランドワーク不動産)の同業他社である『三井不動産レジデンシャル』が

販売、管理をされている【パークシリーズ】の一つである、「パークタワーシリーズ」のご紹介をしたいと思います。

 

 

 

色々な大手不動産会社がある中で、私は三井不動産レジデンシャルが手がけているマンションが一番好きです。

変にシンプル過ぎず、且つ地域に溶け込んだそのフォルムは非常に洗練されています。

 

 

 

因みに【パークシリーズ】は「パークタワー」以外にも「パークホームズ」「パークシティ」「パークマンション」

「パークコート」「ファインコート」「パークリュクス」「パークシーズンス」「パークアクシス」と

賃貸物件も含めた多岐に渡るシリーズです。

 

 

 

上記シリーズの中でも、21世紀の代表となりうる街づくりや土地開発と共に築き上げられる「パークタワー」シリーズ。

このシリーズが創られる際には、新しい住まいとして、そこに今までにない住環境を作り上げていくのだと言います。

敷地の多くが緑で囲まれる美しい景観と、開放的な空間を活かして美しく整備された住宅地区。

開放的な空間にさまざまな「これからの暮らしやすさ」への試みがなされていくのだと思います。

 

 

 

 

では、改めて、そんな想いの詰まった「ザ・パークタワー東京サウス」をご紹介致します。

 

 

 

建物1階には、生鮮食品やコンビニ、眼鏡屋さんなど生活に密着したお店が入っています。

外観は「ザ・タワーマンション」と言える重厚且つ高級感のあるフォルムをしています。

 

 

 

 

共用エントランス部分は、入口すぐ右手にコンシェルジュの受付が有り

そこから奥に進んでいくと、一際華やかな印象を受ける内装が目を引きます。

 

 

 

 

 

明るいエントランスは、突然の来訪者があってもお待ちいただける待合スペースもあり

安らぎとくつろぎを演出してくれる空間になっています。

 

 

 

 

共用エントランスからエレベーターに乗り、上階へ進むと室内廊下が広がります。

 

 

 

※画像が荒れていてゴメンなさい。

 

 

 

 

室内廊下から居室に入ると、明るい玄関が出迎えてくれます。

 

 

 

 

 

 

玄関に入ると、鏡面ドアになっている収納スペースとシューズボックスがあります。

ご家族全員分の靴を収納するのも難しくはないかと思います。

 

 

 

 

では、次に廊下部分と居室部分のご紹介を致します。

 

まず、廊下は明るく、生活の動線としては水周りでの移動距離は少なくなっています。

各部屋についても、各々が独立しているので、使いやすい間取りになっています。

※間取りによっては、この限りではない場合も御座います。※

 

 

※室内撮影時は外観の大規模修繕中で、足場が写っております。この後、解体撤去作業が開始されております。※

 

 

 

続いて水周りのご紹介に移ります。

お部屋によって多少の違いはありますが、基本的には同じような設備の仕様となっています。

まずはキッチンからご紹介いたします。

 

スタイリッシュなそのフォルムは料理をされる方の気持ちを高ぶらせるかのようです。

大きな流し台は、野菜のカットや水洗い、食器洗いに関しても作業をし易い広さを確保しています。

 

また、水きり場も大変広く、調味料やちょっとした食材を置いておくスペースとしても活用が出来ます。

 

 

グリル付きの三口ガスコンロも、料理上手な方にとっては料理の腕を振るう最高の舞台となります。

 

 

収納スペースも非常に多く、3名~4名のご家族が住まわれても足りるスペースが確保されています。

 

 

 

 

続いてお風呂のご紹介です。

 

 

 

浴室は追い炊き機能は当然として、浴室乾燥が設備としてある為、梅雨や日常の雨の際も安心して洗濯物を干すことが出来ます。

また、浴槽は広々としているので、家事や仕事の疲れをここで癒す安らぎの空間となっています。

 

 

 

 

 

続いて、独立洗面所、室内洗濯機置場のご紹介です。

洗面所は前面が鏡使用であることと、鏡を開けると収納部分も多い為、歯ブラシなど来訪者に見られたくないものも

スッキリ収納する事が出来ます。

また、一部分は大理石を使用している為、高級感溢れる仕様となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてトイレのご紹介です。

 

居室にもよりますが、基本的に温水洗浄便座付きとなっています。

また、こちらも収納スペースが確保されているので、掃除用具やティッシュも収納しておくことが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

最後に設備と眺望のご紹介を致します。

 

設備に関しては前述した部分と重複してしまうかもしれませんが

まず共用部分について、宅配ボックス・トランクルーム・防犯カメラ

専有部分が、浴室乾燥機・追い炊き機能・システムキッチン・独立洗面所

温水洗浄便座・TVモニター付インターホン・シューズボックス・クローゼット

床暖房・室内洗濯機置場・エアコン となります。

 

タワーマンションであることを踏まえると、当然の設備かもしれませんが

中には上記までの設備が無い物件も御座います。

設備や機能が多い事は、日常の生活に安心とゆとりを提供してくれます。

 

 

※画像は一部を抜粋※

 

 

 

お部屋のタイプにもよりますが、今回ご紹介しているお部屋は目黒川が視界に広がります。

目黒川と言えば、春には沢山の桜が満開となり、地元の方に限らず、遠方からも人々が訪れる桜の名称となっています。

この桜の名称がバルコニーからも見える贅沢な立地に、ザ・パークタワー東京サウスは建っています。

 

 

まとめ

当物件は近年、利便性が高くなっている「JR大崎駅」から徒歩3分の立地に建っており

生活には不自由の無い程、スーパーや多種多様なお店が近くには御座います。

また、ファミリータイプの間取りが多く、小学校や品川区総合体育館、品川区立大崎図書館も近隣にあるため

生活環境は非常に優れております。

今後も発展していく「大崎・五反田・品川エリア」において、自然と住居が調和された

「ザ・パークタワー東京サウス」に是非一度住まわれてみてはいかがでしょうか。