洋麺屋五右衛門

お箸で食べるスパゲッティーの草分け「洋麺屋五右衛門」

初めてスパゲッティーを食べたのはいつだっただろうか。

給食にでたソフト麺だったか、お弁当に入っていたナポリタンだったか・・

いつだったか思い出せませんが子供心にスパゲッティーが出てきたときは心躍らされたものです。

 

昔、友達のお弁当にフォークが1本添えられていて、蓋を開けるとマカロニだけという衝撃の出来事がありましたが、昔はスパゲッティーといえば、ミートソースかナポリタンでした。

今ではいろいろなスパゲッティーがありますが、皆さん何派ですか?

ミートソース?ナポリタン?クリーム?ペペロンチーノ?

 

私は断然「明太子(たらこ)」党です。

あれを考えたのは誰なんでしょうか?その人に拍手を送りたい!賞をあげたい!

スパゲッティー界の歴史を変えたと私は思っています。

 

あの塩加減とバターの風味と海苔が絶妙にマッチしていて一口食べるとなんとも至福の時間を過ごせます。

 

そんな明太子パスタ大好きな私ですが、五反田駅前に有名店の「洋麺屋五右衛門」があることを知り、明太子を摂取するためランチに行ってきました!

 

「洋麺屋五右衛門」の歴史は古く、なんと1976年創業の老舗スパゲッティー店です。

日本人が美味しいと感じるためにフォークではなく、お箸で食べるスタイルで、

独自の創作パスタを生み出すお店として当時渋谷に第1店舗目が誕生しました。

 

スパゲッティーは、ゆであげのアルデンテを味わえるよう、たっぷりのお湯で泳ぐように茹で上げられる、大きな五右衛門釜を採用し、盛り付けられるお皿は、五右衛門オリジナルで作っている有田焼、仕入れはスタッフ自らイタリアへ探しに行き、スパゲッティー、オリーブオイル、パルミジャーノチーズ、トマト、ワインなど常に最高のものを買い付け、輸入しているというこだわりから人気店の高さがうかがえます。

 

当社、株式会社ランドワーク不動産から徒歩8分にある、洋麺屋五右衛門五反田駅前店に行ってきました。

店舗は品川区内でも「武蔵小山店」、「大井町店」、「五反田駅前店」、「目黒駅前店」と4店舗あり、東京23区だけではなく、全国だけではなく、シンガポールや韓国にもお店があるんですね!

 

心ウキウキでビルの階段を下りていきます。お店は地下1階で店内はおしゃれな内装で客席は満員でにぎわっていました。

早速メニューを手に取り、その豊富な種類に驚かされます。

ただし心は明太子に決まっているので、、と思ったら明太子だけでもいろんな種類が・・

ウ~ム。

悩んだ挙句、ここはおすすめの「カマンベールチーズときのこの明太子クリーム」にしました!

洋麺屋五右衛門では季節ごとに旬な食材の新メニューがあるので◎です。

 

セットに「和風サラダ(50円税抜き)」を付け、いざ実食です!

スパゲッティーを箸で食べることに違和感はありません。和風なのだから!

一口食べると麺はやはりアルデンテに茹で上がり、絶妙の塩加減です。

カマンベールチーズと明太子の相性も良く、きのこも大変美味しかったです!

では季節ごとに旬な食材の新メニューがあるので◎です。

 

 

メニューも豊富でいろいろなスパゲッティーがあるのでまた近々伺いたいと思います。

皆さんも是非「洋麺屋五右衛門」へ!!

店舗名:洋麺屋五右衛門 五反田駅前店

住所東京都品川区西五反田1-5-2 トラヤビル B1

営業時間月~日 11:30~22:00

定休日:無休